• HOME
  • SDGsの取り組み

SDGs(エスディージーズ)とは ?

SDGs とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015 年に国連サミットで採択された国際目標です。2030 年までに持続可能でよりよい世界を目指して、地球上の「誰一人取り残さない(leaveno one behind)」豊かな未来をつくるために、17 の目標・169 のターゲットから構成されています。

SDGs SDGs
※上記アイコンが世界を変えるために取り組む17 の目標を表しています

SDGsへの想い

世界中で加速する、未来への取り組み

世界中で加速する、未来への取り組み

近頃SDGs という言葉に触れる機会が増えました。それはビジネスシーンだけではなく、ラジオから流れる言葉、近くの商店街のポスター、学校紹介のパンレットなど、色々な場所でSDGs が目に、耳に飛び込んできます。

世界全体で取り組むべきこのSDGs というチャレンジは、皮肉なことに、新型コロナウイルスのパンデミック発生によって、より人々の共感を得ることとなったのではないでしょうか。
世界全体が手を取り合って、一人ひとりの行動で世界(社会) を変えていこう、そういう気持ちが多くの人に芽生えたように思います。

大切にしてきた想いを、これからも社会へ

大切にしてきた想いを、これからも社会へ

われわれドーワテクノスとSDGs の繋がりを考えた時に、一番に思い浮かぶのは当社の経営理念 でした。顧客と社会への貢献、また社員含めステークホルダーの幸福無しに会社の発展はない、と掲げています。
私たちは創業より、この経営理念を単に言葉として覚えるだけでなく、常に自然な形で胸に留め、具現化しながら様々な事業に取り組んできました。

SDGs は今までも、そしてこれからも、当社の事業活動の中の一つの大きな軸であることは間違いありません。SDGs が掲げる理念の一つ「誰一人取り残さない-Leave No One Behind -」の実現を目標に、社会・世界との繋がりを認識しながら課題解決に取り組み、社会貢献価値創造に邁進していくことを約束します。

経営理念
わが社は常に正しい企業経営をすることにより、顧客と社会に貢献し、適正な利潤を得て、社員の生活を豊かにしつつ永遠の発展を図る。

活動事例

自動化による労働環境の改善 食材凍結サービスへの参入