ALL-TEST PRO 33 IND™:ACかご形モータ用のテスタ。巻線汚損、層間不良、結線開放、地絡不良のチェック及びローターバー破損のローターテストを行えます。

サイトマップ

English





ALL-TEST PRO31

HOME >> 製品案内 >> ALL-TEST PRO 33 IND™

ALL-TEST PRO 33 IND™


TPM優秀商品賞(開発賞)受賞 特徴 用途 お客様の声
従来製品との比較 仕様

at33_ind2.jpg

迅速かつ容易に
かご形モータを診断します。

ALL-TEST PRO 33 IND™ は、ACかご形モータの巻線汚損(Contamination)を測定し、さらに層間不良、結線開放、地絡不良およびローターバーの破損に対するロータテストを行います。


atp_subtitle2.jpg

ALL-TEST PRO 33 IND™は、2012年TPM優秀商品賞(開発賞)を受賞しました

ALL-TEST PRO 33 IND™ は、公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会の2012年TPM優秀商品賞(開発賞) を受賞致しました。 日本プラントメンテナンス協会からは『近年、低圧モータの巻線の焼損事故が増えて困っている。高圧モータ用診断器と同等の機能を持った低圧モータ用診断器を探していた。この製品はその要求に応えている』と評価頂き、このたびの受賞となりました。 今回の受賞を弾みに、今後もお客様に喜んでいただける製品・システムの提案に努めて参る所存です。

2012年TPM優秀商品賞(開発賞)受賞

公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会 及びTPM優秀商品賞については下記のオフィシャルページからご確認下さい。

http://www.jipm.or.jp/business/pm/backnumber/

特徴 【瞬時に分かる測定結果】
OK(良)・WARN(警告)・BAD(不良)と3段階で、テスト結果を表すので、難しい分析の必要もなく、誰でも簡単にモータの状態を把握することが出来ます
※もちろん各項目の診断数値の詳細も見る事もできますので、技術者の方もご活用頂けます。

at33_main.jpg at33_sub.jpg
▲ひと目で分かる計測結果
▲詳細データも見る事が
出来るので安心

【汚損(Contamination)状態の良否判定が可能】
ALL-TEST PRO 31™ から追加改善されたALL-TEST PRO 33 IND™ の大きな特長で、モータの設置場所のガス・水分・油・ほこりやモータの中のグリースなどによる巻線の汚損を診断することが出来ます。
モータの汚損が進むとコイルの温度上昇による絶縁物の劣化の原因となります。
汚損(Contamination)状態の良否判定は、試験項目の「損失抵抗(DF)」の値を用います。これはAC10V、400Hzの低電圧を巻線とフレーム間に印加し、絶縁の良否判定を行うものです。

at33_image_df.jpg
▲コンデンサの損失D(タンデルタ)の概念図

【ミスなく短時間での測定が可能】
テストクリップを繋ぎ変えなくて良いので、初めて測定する人でも短時間で良否判定を行えます。

【メモリ機能を搭載】
モータ約800台分の測定データを本体の内部メモリで保存できます。

【USBケーブルでのPC間のデータ転送に対応】
ALL-TEST PRO 33 IND™ とPCをUSBケーブルでつなぎデータ転送を行えます。この為、報告書作成などが簡単に行えます。
※報告書作成にはオプション品のソフトウェアが必要です。

【コンパクトでバッテリー充電式】
重量約1kgで大きさもハンディサイズの為、手軽に測定を行えます。またバッテリー充電式の為、測定時の電源も必要ありません。
at33_ind5.JPG

用途

1. モータ不具合時のトラブルシュートで活用
  原因が電気的か機械的か、電気的原因は、ステータコイルかロータか、
  巻線間短絡か地絡かを、数分で診断します。
2. 新規または修理したモータの据付前の確認
3. モータ運転開始前の確認、接続テスト
4. 修理に出す前の原因チェック、状態確認
5. 品質管理のツールとしてモータの受入検査に利用
6. 定期的なチェックによる予防メンテナンス

customer_subtitle.jpg

試験時間が数分と短く、操作方法も簡単な為、新人から熟練の技術者まで幅広い層の方々より好評を頂いております。

機械担当者:
「操作も診断も簡単で、分解作業がなく工数が減って便利だ。」
「電気は目に見えないので怖いが、AC10Vの低電圧で診断が出来るので安心だ。」

新入社員:
「操作が簡単で、結果がすぐに表示され、上司やカストマにテストレポートとして報告が出来てとても便利です。」

at33_1.jpg
従来製品
ALL-TEST PRO 31™
新製品
ALL-TEST PRO 33 IND™
診断結果の分析 結果を紙に手書きし、専用のPCソフトへキーボードで数値を入力して分析しなくてはいけませんでした。 本体の診断画面にステータとロータの健康状態がOK(良)・WARN(警告)・ BAD(不良)のいずれかで表示されるので、ひと目で分析結果が分かります。
汚損(Contamination) 状態の診断
×
汚損(Contamination)状態の良否判定を行う診断項目が新しく追加されました。
内蔵メモリ
×
モータ800台以上のテストデータを保存出来るようになりました。
データ移行
×
USBケーブルをパソコンに接続して、本体のデータをアップロード、あるいはパソコンのデータを本体にダウンロード可能です。

仕様
仕様
CE承認 IEC61010-1 カテゴリⅢ 1000V
メガーテスタ 0~999MΩ(1000VDC)
0~500MΩ(500VDC)
保存温度 -20℃~+60℃
使用温度 -10℃~+50℃
湿度 0~80% 相対湿度、結露なきこと
EMC(電磁両立性) ・EN61000-6-4(Emission)
 (電磁妨害/排出ノイズ)
・EN61000-6-2
 (電磁感受性/ノイズ耐性)
バッテリー リチウムイオンセル×2
保護ケース ポリカーボネイト材、UL94-V2
寸法/重量 126×218×51mm(W×L×H)/1kg

製造元:ALL-TEST Pro, LLC

solar_subtitle5.jpg


・電話、ファックスでの問い合わせ
  営業推進部 安部
  Tel.092-473-4136 Fax.092-473-4139

・Webからの問い合わせ お問い合わせはこちらから

▲上に戻る