ブログ:ドーワテクノスのスタッフが、お客さまへのお知らせを随時ご案内いたします。

サイトマップ

English





ALL-TEST PRO31

HOME >> ブログ >> 一体型サーボモータ 「サービダ・モータ」

一体型サーボモータ 「サービダ・モータ」

  一体型サーボモータ「サービダ・モータ」
サービダ・モータは、サーボモータ、コントローラ、ドライバ、及びフィードバック
エンコーダを完全に一体化した「4in1」サーボシステムです。
収納盤のスペースを取る事無く、ユニット間の配線の必要も無い為、ノイズの
原因にもなりません。

【モータシステムの比較】
サーボモータシステム構成
※上の図をクリックすると画像が拡大表示されます。


・コンパクトな設計
サーボモータ、コントローラ、ドライバ、フィードバックエンコーダが一体となっている為、コンパクトな設計が可能です。

・小型、軽量
手の平に収まり、片手で持てる重さです。

・省配線
ユニット間の配線の必要がない為、省配線を実現でき、技術者の設計負担の軽減やライン変更による工数削減、メンテナンスの容易化に貢献致します。

・ノイズ軽減
システム一体型の為、ノイズの影響が少なく、ノイズを外部に出しません。

・ラインストップのリスク軽減
問題が生じた際は、モータを交換するのみ。交換により全ての制御系を調整したこととなるので、装置を停止する必要がありません。


食品・化粧品等のコンベアライン
工作機械・検査機器等のインデックステーブル
切削・研削機械のドリル動力
各種多軸のプログラムコントロール


サービダ・モータ仕様
※上の表をクリックすると画像が拡大表示されます。

【機能・利点】
・連続トルクで200ワットまで出力可能
(SV2316DT-PL2@ 48 VDC電源)

・最大負荷が要求される際、新過電流制御により最大連続出力を維持

・アドバンスドライブ機能
 モード・トルク・ブレーキ(MTB):
 エラー発生時にダイナミックブレーキを自動有効

 トラジェクトリー・オーバーシュート・ブレーキ(TOB):
 PWMによるダイナミック減速制御

・エラー発生時、割り込み用サブルーチンを250マイクロ秒以内で呼び出し

・オーバートラベル リミットをプログラム内に設定

・割り込み入力によりマイクロ秒以内で位置を正確に読み込み可能

・エンコーダ分解能を4000カウント/回転に増加

SV2316D-PLS2
48VDC電源使用
(モータ内部限界温度85℃まで上昇させた値) SV2316D-PLS2
SV2316DT-PLS2
48VDC電源使用
(モータ内部限界温度85℃まで上昇させた値)
SV2316DT-PLS2 全てのトルクカーブは周囲温度25℃でダイナモメータテストにより計測され、モータ内部限界温度を85℃まで上昇した値を連続カーブとする。(モータ内部温度は85℃に到達すると温度異常となり保護機能が働く。)


当システム、製品についてのお問い合わせはこちらから
    

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31